denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

七十二候の「天地始粛」(てんちはじめてさむし)と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!
    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    一昨日・8/28〜は、

    七十二候の「天地始粛」(てんちはじめてさむし)です。

     


    だんだんと朝夕の暑さが少しづつ和らいできた感じでしょうか。

     

    暦を見ると、一昨日から「天地始粛」(てんちはじめてさむし)で、ようやく暑さもおさまる頃という意味です。

     

    猛暑で身体には疲労が出やすい頃ですから、
    休養を多めに入れつつ、残暑を乗り切っていきましょう。

     

    実は一昨日。
    ドレスコード=浴衣で、都会の森の中で生ビールやBBQを楽しんできました。

     

     

     

     

    浴衣もそろそろ終盤です。


    年内最後の機会となりそうです。

     

    「初めまして」の方ばかりではありましたが、
    みなさまのお仕事のお話に刺激を受けてとても良い時間となりました。

     

     

    さて。
    今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…

     

    ◎香り


    嗅覚は、五感の中で唯一、大脳に直接作用するんだそうです。

     

    じぶんにとっての、心地よい香り や いい香りをかぐことで、安心できたり、ポジティブなったりできるんです。

     

    じぶんが疲れていたり、運を受け取る余裕がなかったりしたら、残念な結果になってしまいますよね?

     

    ということで。
    今回は良いと思える香りをちょっと探し見てくださいね。


    そして、
    疲れたな…とか不安に思うことがあるかも…という時には、ぜひすきな香りを嗅いでみてください。

     

     

     

     

     

    9月のワークショップ・スケジュール
    http://blog.denmira.jp/?eid=605


    アークヒルズ秋祭り2018
    http://blog.denmira.jp/?eid=604


    ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。
    ▼ でんみらのLINE@ ▼
    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。(検索するときは、アットマークも入れてください)
    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、LINE@が迅速に対応できるかと思います。

    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:和の手芸教室

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:地元の祭り

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:着物 きもの

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:風景

     

    ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    七十二候の「大雨時行」(たいうときどきにふる)と運気UPアイテム

    0

      でんみらblogへようこそ!

      伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

       

      昨日・8/2(木)からは、七十二候の「大雨時行」(たいうときどきにふる)

      です。

       

       

      ときどき大雨が降る頃、という意味です。

       

      そういえば、子どもの頃のちょっと遠い夏の日。

      入道雲がもくもくして、突然ざーっとくる「夕立」に合うこと、

      ありませんでしたか?

       

      いつの間にか、涼しげな「夕立」から「ゲリラ豪雨」に。

       

      「夕立」という言葉さえ、死語になってしまった印象さえありますね。

       

      日本気象協会(https://tenki.jp/long/10300/)によると、

      気温が高い日が引き続き多そうとのこと。

       

      暑い夏もあと1か月。

      夏バテ&熱中症に注意しつつ、平成最後の夏を満喫していきましょう。

       

       

      さて、

      今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…
      ◎睡眠

       

      8/7の立秋までの今は、夏の土用期間です。

       

      睡眠の質をあげることが、今の時期には特に大切。

      成長ホルモンが最も分泌されやすいとされているのが、22時〜夜中の3時。

      この時間帯は「睡眠のゴールデンタイム」と言われます。

       

      最低3時間は眠っているかどうかが、睡眠の質に大きく影響するそうですよ。

       

      夏のお疲れ顔じゃ、誰にも振り向いてもらえませんよ?

       

      ぜひ、意識して睡眠の質をあげて運気もUPしていきましょう♪

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:地元の祭り

      JUGEMテーマ:日本の文化

      JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

      JUGEMテーマ:暦のこと

      JUGEMテーマ:photo

      ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

      七夕・笹の節句。

      0

        でんみらblogへようこそ!

        伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

         

        本日、7/7は七夕・笹の節句ですね。

        さらさらと揺れる笹飾りが今年もあちこちで見られましたね。

         

         

        七夕の行事は、「棚機神事」(たなばた)、織姫と彦星の伝説、

        中国から伝来した「乞巧奠」(きこうでん)が合わさり、

        七夕の習慣になったと考えられています。

        (詳しくは、『かんたん!美味しい!旬の食材で作る養生レシピ

        のP.86コラムをご覧ください。)

         

         

        七夕の行事食は、実は「そうめん」なんです。

        またこの日の由来から、1982年から全国乾麺協同組合連合が

        「そうめんの日」として制定しています。

         

        節句に旬の美味しいものを食べ、

        邪気を払ったり無病息災を願う風習が現代にも伝わっています。

        食欲減退しがちなこの時期にぴったりな食べ物ですし、

        アレンジが豊富なそうめんのレシピはcookpadでも2万件以上

        登録されていますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

         

         

        そうそう。
        現代のように短冊に願い事を書いて笹に吊るすようになったのも、

        実は江戸時代からなんですがご存じでしたか?

         

        子どもの頃。

        七夕に向けて、学校などで、短冊に願い事を書きましたよね。

        毎年、ちょっぴりドキドキ・ワクワクしながら、夢や目標を

        書いてきたと思います。

        最近言われている「引き寄せ」の法則でも、
        「願い事や叶えたい事を、紙に書くと現実になる」と言われて

        いますよね。

        願い事や叶えたい事を紙に書くことで、じぶんが望んでる事・

        したい事、なりたい自分像を意識し、潜在意識の中に刷り込ま

        れるので願い事が叶いやすくなるんだそうです。

         

        わたしもこの機会に願い事を考えてみようかなって思います。

         

         

        7・8月のワークショップスケジュールはコチラ

        ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=598

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:着物 きもの

        JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

        JUGEMテーマ:暦のこと

        JUGEMテーマ:和の手芸教室

        JUGEMテーマ:伝統文化

        JUGEMテーマ:日本の文化

         

        ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

        二十四節気「夏至」、七十二候「乃東枯」と運気UPアイテム

        0

          でんみらblogへようこそ!
           

          今日・6/21〜は、

          二十四節気「夏至」七十二候「乃東枯」(なつかれくさかるる)です。

           



          1年の中で昼の時間が1番長くなる、「夏至」

          三重・二見浦では、「夏至祭」(げしさい)というお祭りがあります。

          白装束に身を包んだ何百人の男女が祝詞を唱えつつ、海へと入り、夫婦岩の間から昇る朝日を浴びながら禊を行うというものなんだそうです。


          また、夏至の日の食べ物として今に伝わるのは、
          無花果の田楽を食べる風習(尾張地方の一部)、タコを食す(大阪の一部)、新小麦で餅を作りお供えする風習があります。
           



          七十二候の「乃東枯」(なつかれくさかるる)の、夏枯草(なつかれくさ)とは、「靱草」(ウツボグサ)のこと。
          乃東(だいとう)はその古名になるんだそうです。

          ウツボグサは、冬至のころに緑の芽を出し、夏至のころに花が黒ずみ、一見枯れたように見える枯れるという、ちょっと変わった薬草なんですって。

           

          さて、
          今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは… 

           

          ◎アップデートする

          夏至は陽が極まり陰に転ずる日。

          浄化の作用も高まりますから、いる/いら をしっかり見極めて、
          滞りがちだったものを一気にアップデートしちゃうのに最適な日です。

           

          ぜひお試しください。

           

           

           

           

          これから参加OK♪6月のワークショップ・スケジュール

           

          ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=594

           

          ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。

           

          ▼ でんみらのLINE@ ▼

          友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。(検索するときは、アットマークも入れてください)

          トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。

          ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、LINE@が迅速に対応できるかと思います。

           

           

          JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

          JUGEMテーマ:和の手芸教室

          JUGEMテーマ:伝統文化

          JUGEMテーマ:ぶらり旅

          JUGEMテーマ:日本の文化

          JUGEMテーマ:暦のこと

           

           

          ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

          七十二候「梅子黄」(うめのこきばむ)と嘉祥の日、そして運気UPアイテム。

          0

            でんみらblogへようこそ!

            伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

             

            今日・6/16〜は、

            七十二候では「梅子黄」(うめのこきばむ)です。

             

             

            梅の実が黄色になり熟す頃という意味です。

             

            おばあちゃんがいた頃は、

            毎年、梅干しにしたり、梅ジュースにしたり、梅酒を漬けたりと、

            この時期から始まる梅しごとをとても楽しみにしていました。

             

            いま、また梅しごとが見直されていますので、

            この時期、梅しごとワークショップへ参加される方も多いのではないでしょうか。

             

             

            また、6/16は嘉祥(かじょう)の日です。
             
            この日に和菓子を食べると、災いをはらって福を呼ぶといわれます。

            これは平安時代に始まり明治頃で廃れてしまいますが、
            全国和菓子協会が、1979年に制定した「和菓子の日」として

            復活します。

            元々は、平安時代の848年に、
            仁明天皇が16個の菓子・餅などを神前にお供えし、

            疫病を除けや健康招福を願った「嘉祥の祝い」がはじまり…など、
            起源は諸説あります。
             

            豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例としていたり、
            江戸時代には、「嘉祥頂戴」と称し、

            徳川幕府は大広間に2万個を超えるお菓子を並べ、

            大名・旗本へ賜る行事が行われていたとか。

            それをまねて、
            庶民の間でも「嘉祥喰」という十六文でお菓子やお餅を買って

            食べる風習が広まったそうです。

             



            さて、
            今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…  

            ◎和菓子

             

            小豆には厄落としの働きがあるとも昔からいわれています。
            季節的にも不安定なこの時期ですから、小豆を食べて健康運UPにつなげていきましょう。

             



            これから参加OK♪6月のワークショップ・スケジュール

            ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=594

             

            ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。

             

            ▼ でんみらのLINE@ ▼

            友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。(検索するときは、アットマークも入れてください)

            トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。

            ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、LINE@が迅速に対応できるかと思います。

             

             

             

            JUGEMテーマ:和菓子が好き

            JUGEMテーマ:和の手芸教室

            JUGEMテーマ:伝統文化

            JUGEMテーマ:風景

            JUGEMテーマ:日本の文化

            JUGEMテーマ:暦のこと

            JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

             

             

             

            ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -