denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本日は立春なり。 | main | 2/19(金)・26(金)は、〜水都江戸の食卓と暮らしに学ぶ〜 江戸料理養生術を知るクラス >>

旧正月と春節。

0
    でんみらblogへようこそ!
    伝統文化コーディネーターの下藤です。

    昨日は、「旧正月」でしたね。

    現在の日本では、新暦の元日より新年が始まりますが、
    実は、お正月は「暦」によって異なるんです。

    アジア各国では、
    日本と同じように、新暦=グレゴリオ暦を使っていても、
    実際の生活は「旧暦」で、というところもけっこうあるようです。

    ※世界には、イスラム歴(ヒジュラ歴)やインド歴など、
     独特な「暦」が残されているところもあります。




     
    アジア各地や華僑圏の旧正月

    日本では、現在の新暦に対して「旧正月」という言い方をしますが、
    中国をはじめとしたアジア圏では、「春節」と呼ばれています。

    中国では、辛亥革命後(1911年)、翌1912年の中華民国の成立時に太陽暦が正式に採用。
    新暦の1月1日を「元旦」、旧暦の正月初一を「春節」とすることが決定され、
    1913年に始まった「春節」の百年記念が、2013年にありました。

     
    日本でも旧正月を祝うところはある?

    普段のわたしたちの生活では、旧正月を意識することは少ないと思います。

    「旧正月」と聞いて、
    ニュースに取り上げられるのは、各地の中華街でしょうか。

    ちなみに。
    横浜中華街の春節を祝う行事が、今年で30回目を迎えたそうです。
    イベントが行われる2週間の間に、訪れる観光客は100万人を超す
    と見込まれているそうですよ。

    そうそう。
    沖縄や奄美の一部では、今でも「旧正月」を大事にしています。

    本土復帰前に琉球政府によって「新正月一本化」が推奨されたため、
    現在沖縄では新正月が主流となりつつあります。

    ですが、
    旧暦の年の瀬になると、お供え飾りや正月料理の食材などが店頭に並び、
    市場やスーパーは買物客で賑わうそうです。

    糸満市などの漁業の盛んな地域は旧暦が色濃く残りるそうで、
    旧正月元旦の早朝、漁港では縁起物の大漁旗がなびき、
    家庭では御馳走がふるまわれハレの日を祝うそうですよ。

    地域の行事に合わせて、各地を旅するというのもちょっと惹かれますね。

     
    「春節連休」で日本へ。

    日本政府観光局(JNTO)が発表した2015年の訪日外国人数は1973万7400人。
    これは、3年連続で過去最多を更新しているんだそうです。
    この中で、
    中国人客は前年から2倍強の499万3800人に急拡大。
    訪日客全体の25%を占めるというから驚きですね。

    リピート訪日も相当数いるようですね。

    お買い物三昧から、日本文化の体験へ。

    リピート訪日の方々は、
    こんなキーワードが出てきているようです。


    既にスタートしている今年の春節。
    どんな盛り上がりになるのか、個人的にはちょっと楽しみです。


    ★過去開催のワークショップ★ 
    ・浪曲プリンス東家一太郎の新・浪曲入門 
    ・厄除けを願う 季節の和菓子手作り体験 
    ・江戸より続く伝統工芸 うちわ作り体験 
    ・魂躍らす笛太鼓 江戸祭囃子体験 
    ・江戸時代主流の角行灯作り体験 
    ・江戸更紗テーブルセンター染色体験 
    ・伝統の手前味噌づくり体験 
    ・豆盆栽で手のひらの創造美体験 
    ・「苔が織りなす日本の盆景美を堪能」苔庭づくり 
    ・つまみ細工で和のアクセサリー製作体験 
    ・漆の器に桜の蒔絵をデザインしよう 
    ・まぁるい盆栽を愛でる!?苔玉づくり 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.1 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.2 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.3
    ・狂言が10倍解る!楽しめる!キホン講座とKyogen Lounge観賞
    〜竹に親しむ。竹を楽しむ〜 竹細工体験講座 
    ・錦秋の古民家で味わう茶菓御膳の宴 
    江戸に花咲く香文化〜伝説の伽羅「聞香」体験〜
    ・「春の訪れを楽しむ♪ 職人に習う和スイーツ作りと茶話会」の旅☆
    ・江戸ゆかりの人々と菓子〜武家の菓子・庶民の菓子〜
    ・江戸の和紙文化〜粋を漉く、手漉き和紙技術体験〜
    ・江戸に広まる食文化〜世界が認めた健康食、江戸料理試食体験〜
    ・江戸の灯り〜和の心と技に触れる、手作り行燈体験〜
     
    茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【前編】
    ・厄除・招福を願い、職人に習う四季折々の和菓子作りの旅
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【後編】
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 花火と夏のいい関係を探るクラス
     
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 世界でいちばん金魚と仲良くなれるクラス
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの食学 〜世界が認めた健康食・江戸料理の知恵と美味しさを学ぶクラス〜
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの食学 『大江戸繁盛どんぶり記』の原作者 剣名 舞が紐解く!江戸っ子人情が生んだ「丼 どんぶり」を学ぶクラス

     
    JUGEMテーマ:日本の文化
    JUGEMテーマ:伝統文化
    JUGEMテーマ:ぶらり旅
    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    はじめまして!
    旧暦、春節のお話とっても勉強になりました!

    沖縄でも旧正月を祝うんですね。
    知りませんでした。

    それにしても日本文化を体験する中国の方がふえているのですね!
    タイトルを読んでいると私もやりたくなって来ます!
    めゆママ | 2016/02/10 12:28 AM
    >ゆめママさん、

    はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    沖縄もそうですが、
    同じ日本でも各地域で若干異なる風習がけっこうあるんですよね。

    これは学校では教えてくれないことなんですよね。

    でんみらでは、様々なワークショップも企画しております。ぜひゆめママさんもご参加いただけたら嬉しいです。
    でんみら | 2016/02/11 11:41 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/363
    この記事に対するトラックバック