denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝顔市 | main | 8月のワークショップとお申込み状況 >>

ほおづき市と四万六千日

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤です。
    本日より、浅草寺でほおずき市が開催されています。
    ほおづき市は、古くから、朝顔市とともに、夏の風物詩として
    下町の人々に親しまれてきました。
    ほおづき市の由来は、
    源頼朝が奥州征伐の帰りに、日射病に倒れた兵士に、
    ほおづきの赤い実を食べさせて元気づけた、という言い伝え
    によるとか。
    漢方では、ほおづきの根は「酸漿根」(さんしょうこん)と言い、
    茎や葉とともに解熱や咳止めなどにつかわれるそうです。
    漢字では、一般的に「鬼灯」「鬼燈」と書きます。
    祖先がお盆に帰ってくる際の道を照らす提灯になるとされ、
    お盆の精霊棚にも飾られます。
    明日・7/10は、浅草寺の縁日「四万六千日」にあたります。
    この日にお詣りすると、
    なんと46000日分お詣りしたのと同じご利益がある、
    といわれています。
    今日と明日の2日間に限り、黄色の掛け紙の祈祷札「黄札」と、
    「雷除札」が授与されます。
    この機会に、ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか?

    今後のワークショップスケジュール

    ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=509

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    でんみらでは、

    インバウンド向けのプランのご提供もしております。


    【でんみらの強み】
    〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
    (講師、職人など)
    〇60件を超えるワークショップ開催実績
    (大手企業、大手旅行会社など)
    〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


    まずはご相談ください。

    info@denmira.jp


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼ LINE@を始めました ▼

     

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINE@が迅速に対応できるかと思います。


    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     


    ▶友だち追加

    友だち追加数

     

     


    ▶QRコード

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼でんみら情報はこちらから▼

     

    facebookページ(いいね!を押してください♪)
    インスタグラム(フォローしてください♪)
    twitter(フォローしてください♪)
    ホームページ(チェックしてください♪)

    ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
    ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
    ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

    JUGEMテーマ:御朱印収集

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:風景

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:photo

    JUGEMテーマ:地元の祭り

    JUGEMテーマ:着物 きもの

    ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/511
    この記事に対するトラックバック