denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土用オススメの過ごし方 | main | 七十二候「大雨時行」(たいうときどきふる) >>

【開催報告】和製本技術を活かして老舗〈戸田屋商店〉の手ぬぐいで作る御朱印帳と丸帙(まるちつ)体験

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    今日は、5/3と5/5に新宿伊勢丹OTOMANAにて開催した、

    和製本技術を活かして老舗〈戸田屋商店〉の手ぬぐいで作る御朱印帳と丸帙(まるちつ)体験の開催報告です。

     

    こちらのワークショップ(以下、WS)では、

    美濃和紙と戸田屋商店の手ぬぐいを使い和製本の技術で、

    御朱印帳と御朱印帳のカバーを作るものです。

     

    ※同内容のワークショップは8/19(土)にも予定しております。

     詳細&お申込みはコチラ ⇒ http://ptix.co/2uhnZPN


     

    GW中の開催となりましたが、

    5/3が早々に満員御礼となり、5/5に追加開催となりました。

     

    講師を務めてくださったのは、有文堂 有藤加奈子先生です。

     

     

    このワークショップ(以下WS)へのご参加の決め手となったのは?

    (アンケートよりお声を抜粋)

     

    「楽しそうに思えた」

    「丸帙がめずらしかったから」

    「丸帙がほしかった」

    「御朱印帳を使う機会があるため、作り方に興味があった」

    「御朱印めぐりをしている」

    「戸田屋さんの手ぬぐいを使うことができるから」

    「布を使用したWSだった為」

    「前回の和綴じが楽しかったから」

     

    等々いただきました。

     

     

    裏張りされた手ぬぐいたち。

    この中からお好きな柄を選んでいただきました。

     

    今の御朱印集めのブームの元々は、

    巡礼信仰とも結びついているというお話や御朱印の見方など、

    座学もしっかりと教えていただきました。


     

    御朱印帳に使われている紙は、美濃和紙です。

     

    わたしも以前作った美濃和紙の御朱印帳を持ち寺社にお詣りすると、

    「立派な和紙の御朱印帳ですね」とほめられたのは一度ならず。

     

    ご参加者のみなさまには、

    2枚の紙を合わせ折り畳んだ形で仕上げる折本型を体験いただきました。

    本格的な手製本の技にも触れていただきました。

     

     

    こちらが出来上がったみなさまの御朱印帳です。

    世界にひとつしかない、じぶんの手作り御朱印帳です!

     

     

    ご参加してみていかがでしたか?(アンケートより抜粋)

     

    「作り方がわかって御朱印帳に愛着がわきました」

    「もっと自分で作ってみたいと増々興味を持ちました」

    「参加してよかった」

    「わかりやすかった」

     

    等々お声をいただきました。

     

     

    続いて、丸帙づくりです。

     

    帙とは、和本を保護するおおい、カバーのこと。

    意味から座学で教えていただきました。

     

    今回作った丸帙は、箱ではないんです。

     

    上と下が空いているので、普通に想像すると、

    中に挟んでいる和本等が落っこちるイメージがありますが、

    中の本ぴったりのサイズに作るので、落ちることはないんです。

     

    日本の職人さんの技術力、繊細さをうかがい知ることができます。

     

     

    「思ったよりも立派なものが出来上がってびっくりしました」

    「丸帙も素敵に出来て嬉しいです!!」

    「とても楽しく集中できたので参加してよかったです」

     

    等々のお声をいただきました。(アンケートより抜粋)


     

    お顔出しの許可いただいた方と記念撮影。

     

    ご指導いただいた有藤先生へのメッセージ。

    (アンケートより抜粋)

     

    「また参加したいです」

    「丁寧に教えていただきありがとうございました。」

    「落ち着いて声をかけて下さり、スムーズにできまたとても楽しかったです!!」

    「伝統を伝えていくことは大切と思いながらも私には伝えていける技術はないので、こうやって伝えてくださる方に頭が下がります。」

    「お若い方でパワーもあり、とても楽しく取り組めました。また参加したくなる魅力たっぷりの方で、参加している側もリラックスできました。」

     

    等々たくさんのお声をいただきました。

     

    ご参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

     

     

    次回は、8/19(土)。かっぱ橋道具街はし藤本店にて開催いたします。

     

    詳細&お申込みはコチラ

    ⇒ http://ptix.co/2uhnZPN

    ※丸帙のサイズは、約11.5x16.3×1.3cmです。
    お手持ちの御朱印帳をご利用される方は事前にサイズをご確認ください。
    市販の御朱印帳の場合は、(横)11cm×(縦)16cmが適合します。

     

     

     

     

     

    今後のワークショップスケジュール

    ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=512

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    でんみらでは、

    インバウンド向けのプランのご提供もしております。


    【でんみらの強み】
    〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
    (講師、職人など)
    〇60件を超えるワークショップ開催実績
    (大手企業、大手旅行会社など)
    〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


    まずはご相談ください。

    info@denmira.jp


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼ LINE@はじめました ▼

     

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINE@が迅速に対応できるかと思います。


    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     


    ▶友だち追加

    友だち追加数

     

     


    ▶QRコード

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼でんみら情報はこちらから▼

     

    facebookページ(いいね!を押してください♪)
    インスタグラム(フォローしてください♪)
    twitter(フォローしてください♪)
    ホームページ(チェックしてください♪)

    ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
    ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
    ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:御朱印収集

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    ◆開催済み報告(レポ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/514
    この記事に対するトラックバック